KOKOS's Blog

大阪や関西のおすすめスポットや、大好きな旅、暮らしのあれこれを発信中

金沢の旅2(ひがし茶屋街、お麩、金沢城・兼六園の紅葉ライトアップ)

スポンサードリンク

こんにちは、KOKOSです。

 

秋の金沢旅行、近江町市場で回転寿司を満喫したあとは、いざ、ひがし茶屋街へ向かいます。

kokoskokos.hatenablog.com

 

金沢のシティサイクル「まちのり」を利用して、自転車で向かいました。金沢はそれぞれの観光名所が「徒歩だとぼちぼち歩く、でもタクシーに乗るほどでもない」という距離感なので、今回まちのり便利だなーと感じました。

まちのりって? | 金沢レンタサイクル「まちのり」

 

f:id:kokoskokos:20181116205600j:plain

  

ひがし茶屋街も観光の方でにぎわっていましたが、京都に比べると全然快適!風情ある街並みが素敵でした。カフェや雑貨屋さんがたくさんあります。レンタルして着物を着ている方も多かったです。

f:id:kokoskokos:20181116133829j:plain

 

ひがし茶屋街でお麩にハマる

突然ですが、みなさんお麩は好きですか?そうです、たまにお吸い物などに入っているあのぷかぷか浮かんでいる、あのお麩です。わたしは正直特に好きでも嫌いでもなく、ふつうでした。

 

そんな価値観をいっぺんさせる、金沢のお麩!金沢にきたのは今回で2回目ですが、初めて金沢で食べたときのあの衝撃。お麩の概念がくつがえされました。

 

まず、おふっていろんな種類があったんですね!わたしが知っていたお麩は焼き麩、でも金沢で感動したのは生麩!不むろ茶屋さんで今回はこちらのふたつをいただきましたよー。

 

f:id:kokoskokos:20181116132138j:plain

加賀麩の老舗「不室屋さん」のお茶屋さんです。

f:id:kokoskokos:20181116132128j:plain

上がみそだれ田楽麩、下があん麩餅

 

めっちゃおいしいー!これですこれ。再会できて嬉しい。品切れであべかわ麩が食べれなかったのが心残りです。

味は、さっぱりしたお餅。軽くてパクパク食べれちゃうのです。

一緒に食べたうちのパートナーは、「正月に餅をのどに詰まらせるお年寄りは麩を食べた方がいいんじゃないか」と言っていました。

 

甘いものを摂取して満足し、お次はこの時期ライトアップされている金沢城兼六園に向かいます。

 

その途中にいま金沢でアツいという「HATCHi(ハッチ)金沢」も見てきました。シェアホテルとコーヒースタンドやレストランが入っています。入り口には雑貨もあってふらっと立ち寄れる雰囲気。

f:id:kokoskokos:20181116140318j:plain

 

 金沢城兼六園の紅葉ライトアップ

11月9日~12月1日まで夜間ライトアップがされており、なんと金沢城公園と兼六園は17:30より無料で開園しています。

 

お恥ずかしながら知らなかったけれど、金沢城は一部を残して明治時代に火災で焼失しているのですね。そこから復元し、こんなに美しいお城になったようです。ライトアップも綺麗でしたが、お昼もまた来たいなと思う場所です。

f:id:kokoskokos:20181116210424j:plain

幻想的な雰囲気。そして夜になると一気に冷え込みますね。

 

そしてお隣の兼六園へ向かいます。

兼六園といえば、ザ・ど定番の金沢観光名所。21世紀美術館は前回行ったので、今回は紅葉も見たいし兼六園に来ました。

f:id:kokoskokos:20181116210436j:plain

紅葉が池にうつって美しや。

 

f:id:kokoskokos:20181116210457j:plain

 

ライトアップしている時期に来れて嬉しい反面、初めてくるのは昼間がいいのかなと思いました(笑)真っ暗なので、どこに何があるのかよくわからなかったのが敗因です…

 

いったんホテルにチェックインして、夜ごはんへ!

海鮮を食べに居酒屋へ行く予定が…疲れ果ててなぜか駅のショッピングモールでインドカレーを食べました(笑)

 

駅前の金沢フォーラスインドカレーを食す!

f:id:kokoskokos:20181116231618j:plain

 

こうして金沢の夜はふけてゆく。

次回は帰りの電車宴会と買ってきたお土産ダイジェストを!